読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルコーチ前原紗耶香〜人間力と実現力のバージョンアップをサポート〜

コミュニケーションとコーチング技術で、ビジネスや恋愛で成果を出したい方を100%のコミット力でサポートします♡

ぽか友のお花見♡モヤモヤから愛に変わった編

昨日は桜が咲いてないなかw、ぽか友の会でお花見をしました!

 

 f:id:maeharasayaka:20170326215649j:image

 

ぽか友の会は、妹みたいな存在でもありながら、とっても逞しく信頼できる友達と始めた会です♪

 

f:id:maeharasayaka:20170326215605j:image

 

↑主催メンバー♡人を喜ばせるのが大好きなみんな♪

 

f:id:maeharasayaka:20170326215808j:image

f:id:maeharasayaka:20170326215821j:image

 

少人数からスタートした会ですが、今では参加者数はのべ100人以上♪

 

f:id:maeharasayaka:20170326220011j:image

f:id:maeharasayaka:20170326220028j:image

 

最近は友達が友達を呼んでくれて、今回も新しい出会いをいただきました。もちろん、かなりリピートしてくれるメンバーもいます(≧∀≦)

 

f:id:maeharasayaka:20170326220152j:image

 

11:30〜18:30までの長時間、ずっと参加してくれた子もいれば、ちょっとだけでもと顔を出してくれたメンバーもいれば、急遽参加してくれたメンバーもいました♪

 

f:id:maeharasayaka:20170326220302j:image

 

ぽか友の会を2人でスタートさせて、サポートしてくれる仲間や、参加者も増えて、それはそれで本当に有り難く、楽しい会と成長しています。

 

でもね、正直、一緒に主催をしてきた相方に対してモヤモヤ感を募らせてた私がいたんです。

 

もっというと、彼女が私をモヤモヤさせていたのではなく、私が彼女にモヤモヤしてただけだったのですが(*´ω`*)

 

私がモヤモヤしているのだから、私が自分で自分のモヤモヤを究明させてスッキリさせることも出来たけど、でも、ちゃんと張本人に共有したかった。

 

だから、2人でしっかり話をしてきました。

 

どうしても伝えたいことがあって、どうしても聞きたいことがあって…

 

本当に伝えたいことを伝えるって、すごく勇気がいる。だから、私は泣いちゃう。

 

でも、彼女は大きくしなやかな心を持ってるから受け止めてくれた。そして、私はそれを分かってたから伝えたんだと思う。

 

私は、リーダーシップを取れる人間になりたいと思ってたけど、それ以上に最高のチームワークをつくりたいんだって気付いた。

 

だから、リーダーという役割にこだわってる訳ではない。でも、リーダーになるということは責任が生まれるし、一番目になることが必要だったりする。一番になるのではなく一番目になるということ。

 

会社でも、コミュニティでも、プロジェクトでも、いまとてもチームワークが重要なタイミング。

 

そんななか、彼女との関係性の中ですごく大切なことを気付かされたし、彼女から真の自信と私の個性や強みを教えてもらった。

 

じっくり正直にコミュニケーションをとることで、彼女がどれだけ私を観てくれてたのかも更に更に分かった。

 

ぽか友の会が大きくなるにつれて、彼女との距離が遠くなってると感じてた私。

 

でも、今回、本音で話し合えたことで、本来の距離を取り戻せたしより深まった。

 

そして、お互いよりパワーアップするために学びの時期を選択していた。繋がってるというか共鳴しているというか。表現はなんでもいい。

 

性格とか個性はそれぞれだけど、大切にしたいことに対する感覚は同じだから、その点に関しては誇りを持っている私たち。

 

好きとか嫌いとか、同じとか違いとか超えて、大切でかけがえのない存在。

 

彼女と出会ってちょうど4年。私たちの関係性も変化進化してきたことを実感してる。

 

お互い色んなことがある。器用ではないけど、一生懸命生きてるから、どちらかが凹むこともある。でも、それでも良い。フォローし合えば良いだけなのだから。

 

今回の出来事を通して、かけがえのない存在ってこういうことなんだって分かった。

 

私のこれからの人生において、チームワークをつくる上で「正直さ」がまず何より大切ということも忘れたくない。

 

このブログを見た人は、なんのこっちゃな内容かもしれないけど、私にとっては、すごく大事な大事な時間だった。

 

ここまで悩めるくらい大切な人がいることが有難い。どうでもいいと済ませたくないことがあることで、本当に本当に大切にしたいことが分かる。

 

今日もまた心からのごめんねとありがとうを伝えれたし、優しくて疑う余地のない愛を感じれました。ありがとう。